兵力数の優位性から導かれている

兵力数の優位性から導かれている

兵力数が豊富な会社は第二法則的、総合的なものならおおかたは勝ちます、ミート戦法(強者の戦法)と言い弱者の差別化を挟み撃ちして封じ込めてしまうというものです。同質化で戦えば強者が有利となり圧勝だからですね、それ以外にも模倣、二番手作戦、追随もミートに入ります。

小が大に勝つメソッドとは?ランチェスター法則はこれに3つの原則を見つけて弱者が勝つ戦略を考え出しました。一点集中主義、この言い回しのニュアンスは兵力を一点に集中させる事、いつもでも使用する言い回しですがランチェスター戦略では兵士の人数の優先性を導いています。

これらは弱者におススメな戦法ですね、なお、強者の戦法というものあります。これを「差別化戦略」と呼びます、武器のパフォーマンスを高める事なのですがこの差別化とはアイテムなどを企業、人材、サービス、情報等の質の独自性の事や優位性の事です。

局地戦(地域や領域の限定)と言うところ的な戦法、接近戦(クライアントの近くに行っての提供やクライアントの嗜好、営業活動、提供経路、一騎討ち戦(ライバルの形ばかりのアイテム)。理解いただけやすく言えば貴重な優位性は経営資源を重点配分する事が肝心と言う事です。